お得 福袋

MENU

自転車がすべてだった頃と今

運転免許を取得してから何かと車での移動が多くなり、そういえば学生時代に乗りこなしていた自転車は今もまだ運転できるかと思い、久しぶりに自転車に乗ってみました。
学生時代は自転車での移動が必須だったので、間違いなく乗りこなしていましたが、その頃以来の乗車です。

 

よろよろとバランスが取れずに転んでしまったらどうしよう、そんな時に限って通行人に見られでもしたら恥ずかしい、と乗る前から不安でした。

 

ハンドルを握り、ブレーキの感覚を両手に蘇らせて、サドルに跨りました。

 

始めはふらついたものの、何とかサドルに座り、左右のバランスを取りながら、右足を勢い良くペダルに乗せ漕ぎ出すと不思議なことに、数年振りの感覚が戻ってきたのです。
左足もペダルに乗り、バランスは取れ、自転車のスピードは加速しました。

 

車にはない風の音、チェーンの音、自転車のタイヤの砂利道を走る時に連動する上下の振動、それらすべてが懐かしく、不安は楽しさへ変わっていきました。

 

しかし、翌日、見事なまでに両脚は筋肉痛になり、日頃の運動不足を思い知らされました。